湘南発 食べもの・雑貨 お役立ちオンラインストア

Home » 商品一覧 » 【綾瀬】あやせものづくり研究会 ナウ産業の 「Tetsu Nabe」(てつなべ)シリーズ

tetsunabe_mainbanner01

【綾瀬】あやせものづくり研究会 ナウ産業の 「Tetsu Nabe」(てつなべ)シリーズ

アウトドアにも、いつものお料理にも!
綾瀬市のものづくり技術が生んだサビない「Tetsu Nabe」

神奈川県のほぼ中央に位置する綾瀬市。高座豚で有名な養豚や農業も盛んな自然豊かな町である一方で、高い技術力を持つ工場が数多く並ぶ”ものづくりの町”でもあります。
そんな綾瀬の町工場の1つ「株式会社ナウ産業」から、画期的なサビない鉄鍋「Tetsu Nabe」が誕生しました!

鉄の利点を活かす加工とフォルムづくりで
料理はよりおいしく、お手入れはカンタンに

Tetsu Nabe の厚さは3.2mm。鉄の持つ優れた熱伝導性と蓄熱性が活きる絶妙な厚さになっています。
冷たい食材を載せても表面の温度が下がりにくく、素材に素早く熱を伝えるので、肉を焼けばうま味をギュッと閉じ込めジューシーに。
シンプルで美しいフォルムの鍋は、そのまま食卓にサーブしてもおしゃれ。熱々の料理が冷めずに楽しめます。

そして何よりの特徴は扱いやすさ。
ガスコンロ、IH、オーブン、直火や炭火といった幅広い熱源に対応。
一般的に鉄製の鍋・フライパン類に必要とされている空焚きや油引き等のお手入れも不要で、使用後は普通に洗剤で洗って自然乾燥でOK。食洗器にも対応しています。

サビが発生しにくい秘密は「チッカ黒染め処理」。鉄に窒素を浸透拡散させ、耐摩耗性・耐腐食性を高める加工で、元々は歯車などを長持ちさせるための加工なのだそうです。

処理後の鉄は通常の鉄に比べて表面の強度が7倍に。鍋の上で包丁やナイフを使っても傷付きません。
コーティングとは違って鉄そのものの性質を変化させているため、効果が剥がれたりすることはありません。
調理時に鉄分が溶け出して、いつもの食事で不足しがちな鉄分を補給できる、鉄鍋本来のメリットもキープしています。

どんな素材も高温・短時間でおいしく調理出来て、お手入れも簡単なTetsu Nabeはアウトドアのお供にも最適!(=上写真。写真左は同シリーズのTetsu Kaku Nabe)
玉子焼きやソーセージ、餃子を焼くのもオススメとか。

オーダーメイドでどんな鉄板加工もお任せ。全国のものづくりを支える技術

「Tetsu Nabe」の生みの親・株式会社ナウ産業は1971(昭和46)年創業。プレス、曲げ加工、レーザーカットといった板金技術を駆使して、全国から集まる様々なオーダーに日夜応え続けている金属加工メーカーです。

主に工場や倉庫で部品等を収納するためのパレットを重ねる際に支える金属部品「脚皿(きゃくざら)」や、収納するものによってデザインが異なる「パレット」といった製品をオーダーメイドで設計・製作。

▲脚皿(=左写真。右写真は実際に重ねられたパレットを脚皿が固定させている様子)

かなり専門的な部品で、見たことの無かった方も多いかもしれませんが、産業機械(=工場で何かしらの製品を製造するための機械)を海外へ輸出する際や、自動車の部品の積載など、現場では欠かせない部品です。
ナウ産業の製品が、国内外のものづくりを文字通り支えているのです!

きっかけは地元の町おこし。
初の一般向け商品「Tetsu Nabe」が完成!

本業とは一見ガラッと毛色の違う、鍋作りを始めるきっかけとなったのは、社長の今 寿義(こん ひさよし)さんが参加していた綾瀬市の町おこし事業。

活動の中で出会ったコーディネーターの方との雑談の中で、「コンロにピッタリのサイズの鉄板がなかなか無くて困っている」という話題が出たことが始まりなのだそうです。

▲社長の今さん。先代より親子2代で同工場を営んでおり、社名も苗字の「今=(Now)」から取られています

「うちは元々、『B to B』(企業対企業)の製品作りの会社でしたが、当時は丁度、同じ綾瀬市の企業と『B to C』(企業対一般消費者) の商品開発を目指す『あやせものづくり研究会』を発足したところでした。
バーベキュー用の鉄板を作ってみて、これならいつも作っている脚皿の応用でいける! と感じ、本格的な開発を始めました」(今さん)

ふと頭に思い浮かんだのは、畜産が盛んな綾瀬の名物「豚(とん)すき」。
「豚すきがおいしく作れる鍋にしよう」というスタートから、デザイン、大きさ、重さなど3年以上の開発期間中、試行錯誤を重ねたといいます。
オーダーではない既製品だけでも約30種類の異なる形、大きさの脚皿を作り分ける細やかな加工技術の応用で、2017年に現在の「Tetsu Nabe」のフォルムが完成しました。

 

~Tetsu Nabeができるまで~

【1】金属の大板からレーザーで丸い形に抜く 【2】抜いた丸い鉄板をプレスで皿状に成型。
【3】金属を切って曲げて作った取っ手を本体に溶接。 【4】別の工場の炉でチッ化黒染め処理を施して完成!

「始めは錆びてしまうのもいいかな、と思っていました。手間をかけて手入れして、愛着持って育てていくのも楽しいんじゃないかと。でもモニターの方からもご意見をいただく中で、やはり手軽さ・使いやすさを追求しようと、『錆びない、焦げ付かない』チッ化黒染め処理にたどりつきました」

現在も更なる改良、ラインナップ追加を目指し、開発は続いているそうです。

「そもそも依頼を受けて図面を起こし、オーダーメイドで作っていく仕事なので、要望を反映して形を変えていくことは得意なんです。当社初となる『B to C』の商品ですが、消費者の方に手に取ってもらえることは新鮮で、いつもと違ったやりがいを感じます。
一般の方にはあまり身近ではない金属加工の技術を、目に留めてもらえるチャンスでもある。いつかはTetsu Nabeをきっかけに、ものづくりに興味を持つ若者が増えてくれれば…と願っています」

ナウ産業さんの地元愛と、ものづくりの技術への誇りが詰まった「Tetsu Nabe」。
いつものキッチンでもアウトドアでも、食べる喜びをぐっとアップさせてくれること間違いありません!

- Related articles -

- Shopping -

錆びない 焦げ付かない 自宅でもアウトドアでも、手軽にプロの味

【綾瀬】あやせものづくり研究会 ナウ産業の 「Tetsu Nabe」(てつなべ)シリーズ

tetsunabe_mainbanner01

綾瀬市の老舗金属加工メーカーが開発した鉄製鍋。
鉄の特性である優れた熱伝導率により、料理をおいしく仕上げる高温で短時間の調理を可能とします。
また、3.2mmの厚さが高い蓄熱性を生み出し、しっかり鍋に熱を蓄えるので冷たい食材を載せても負けません。
「チッカ黒染め処理」により表面は鉄の七倍の強度があり、サビにくく、焦げ付きにくいのでお手入れも簡単です。
直火や炭火でも調理可能。アウトドアの際にも力を発揮します。

商品名 【綾瀬】あやせものづくり研究会 ナウ産業の 「Tetsu Nabe」(てつなべ)シリーズ
送料 全国一律1,254円(税込)
その他 ※電子レンジ不可
※漂白剤不可
※製品改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります

Tetsu Nabe(商品コード:TG330236)

13,200円(税込)

Tetsu Kaku Nabe(商品コード:TG330237)

20,350円

- Line@ -

特別クーポンの発行や新着商品情報などこっそりお届けします!