湘南発 食べもの・雑貨 お役立ちオンラインストア

Home » 商品一覧 » 一期一会の手染めシルク糸

もくもく メインバナー

一期一会の手染めシルク糸

糸工房もくもく
一期一会の手染めシルク糸

もくもく 工房内

手染めのシルク糸を製作している「糸工房もくもく」。
藤沢市辻堂西海岸は、潮風が漂う海のほど近くにあります。
工房に一歩入ると、目の前に並ぶ色鮮やかな手染め糸の美しさに目を奪われます。

シルク糸を染めているのは、NPO法人 木曜クラブが運営する生活介護事業所に通う利用者のみなさんです。

もくもく シルク糸

一人ひとりの感性で思いのままに手染めされたシルク糸は、色彩豊かで、機械染めでは表現できない独特の美しさを持ち合わせています。

二つと同じものがない「一期一会の手染めシルク糸」をご紹介します。

手染めシルク糸が出来上がるまで

利用者さんが約2週間をかけて生み出すシルク糸は「パネル染め」という手法で作られます。

編み機 木枠に貼られたシルク布 色付け
【1】シルク糸を編み機で500段編み、布状に仕立てる。 【2】織った布を木枠に貼る。大体の塗る目安としてテープで帯状にマスキング。 【3】筆で染め付け。自然な滲みにより色と色の境目が複雑に混ざり合っていく。
蒸し器
【4】マスキングを剥がして丁寧に仕上げ。後はしばらく乾燥させます 【5】色止めをして蒸し器(=写真)で蒸し、再度乾燥。 【6】布状のシルクをほどき、スチームを当てながら巻き取ってちぢれを伸ばす。

手染めのシルク糸
【7】(6)の工程を3回繰り返し、強度を増すための蝋引きをして巻き取れば完成です。

 

このように、手間のかかる作業を数名の利用者さんが最初から最後まで丁寧に進めていきます。

各々の染め加減で濃淡が表現されるため、仕上がりは千差万別。

「一期一会の手染めシルク糸」が出来上がります。

▲染め上げた布のアップ。筆に着いた染料の量や塗り方による濃淡が、手染めならではの個性を糸に与えています

 

人と人を繋げ広がる手染めシルク糸


▲「糸工房もくもく」職員の皆さん。(写真中央=工房責任者・白男川さん)

 

「利用者さんが地域で豊かに暮らし、自分らしく楽しくできる仕事は何か?」という課題から始まった手染めシルク糸づくり。

完成度の高い作品が次々と出来上がる一方で、なかなか魅力を発信できず、工房は沢山の在庫を抱え困っていたそうです。

販路を模索している中、近隣のイベント会場で手染め糸を販売した時に転機は訪れました。

会場にいた一人のものづくり作家さんが糸に魅力を感じ、作家仲間の間で話題にしたことから、徐々に作家から作家へ繋がり始めました。

smalleatさん
▲糸が注目を集めるきっかけを作った「Smalleat」重野さん。(2019年6月21日、同工房で開催された手作りマルシェにて。写真右は作品)

多くの作家が口をそろえて語る「手染めシルク糸」の魅力は、グラデーションの複雑さと深み、そして発色の美しさ。

糸からインスピレーションが湧き、作品作りにも反映されているそうです。

もくもくのシルク糸作品

作家さんもお墨付きの手染めシルク糸。
見ているだけでも美しさにうっとりするその魅力を是非、手に取って感じてください。

糸工房も冬支度。季節感たっぷりの手染めシルクモール糸

シルクモール糸

今年も残すところあとわずか。季節も巡り寒さを感じるようになりましたね。
この時期になると、「糸工房もくもく」では、冬支度をするかのようにモール糸を染め付けます。
モール糸とは、芯糸の周りに柔らかな絹糸を覆った糸のことで、モコモコとした手触りと、暖かみのある風合いが特長です。
染め方は通常のシルク糸とは異なり、束状にしたモール糸を筆を使用して染めていくのだとか。
完成したモール糸の色合いは手染めならでは。シルク糸と同様に一期一会、違った表情に仕上がっています。

モール糸をラッピングに活用

こちらのモール糸も、モチーフや小物を編んだり、プレゼントのラッピングに使ったりと様々な用途でお使いいただけます。
糸が太めなのでお子さまでも取り扱い易く、親子での小物作りにもぴったりです。

手染めモール糸は秋冬限定商品です。この機会にぜひお試しください。
※モール糸の性質上、強く引っ張ると切れますので取り扱いにご注意ください。

「糸工房もくもく」さんのInstagramアカウントはコチラ。作品例などもいっぱいで参考になります! ⇒ @grisgristujido

- Shopping -

糸工房 もくもく (いとこうぼうもくもく)

一期一会の手染めシルク糸

もくもく糸

NPO法人木曜クラブが運営する生活介護事業所で、「やったね」と感じられる日中活動の1つとしてシルク糸の手染めを行っています。初めから終わりまで手間のかかる工程を利用者さんたちが協力し合って手掛けており、手染めならではの美しい色合い、千差万別、一期一会の仕上がりが魅力です。
「糸工房もくもく」と名付けられた同ブランドのシルク糸は、地元中心に多くの手作り作家さんに愛用されています。
手芸やアクセサリー作りはもちろん、お子様の工作、ラッピングにも。使い方次第で素敵なアクセントとなります。

商品名 一期一会の手染めシルク糸
送料 メール便 全国一律200円
この商品はポストへのお届けとなります
その他 ※手染めの風合いを生かした商品です。また、モニター表示の性質上、商品の画像が実際の色合いと多少異なる場合が有ります。お客様都合(思った感じと違うなど)による返品・交換は応じることができません。予めご了承ください。
※とことこ暮らしより発送いたします
【お取り扱い上のご注意】
※全ての商品に色止め加工を施していますが、色落ちする場合もありますのでご注意ください。
※秋冬限定のモール糸は性質上、強く引っ張ると切れてしまいます。取り扱いにご注意ください。

「糸工房もくもく」手染めシルク糸 選りすぐり5色(商品コード:TG110040)

1セット 1,650円
「糸工房もくもく」の手染めシルク糸。選りすぐりの5色をセットでお届け致します。
現在、この秋染めた新色を掲載中! 複雑に混ざり合ったシックな色合いが多めです。
※カラーのセット内容はリンク先をご覧ください。

【シルク糸の長さと太さは3種類です】
細糸:約22m(約470デニール)
中細糸:約15m(約700デニール)
太糸:約10m(約1470デニール)
※糸の長さ、太さは多少差が生じることがあります

【秋冬限定】シルクモール糸 一巻き 約10m×5色セット(商品コード:TG110102)

1セット 1,650円(税込)
秋・冬限定で染めているシルクモール糸。芯糸の周りに柔らかな絹糸を覆った糸で、モコモコ感が魅力です。

※カラーのセット内容はリンク先をご覧ください。
※糸の長さ、太さは多少差が生じることがあります
※今シーズンに染めた糸がなくなり次第終了となります。ご了承ください

「糸工房もくもく」手染めくつ下(商品コード:TA110041)

一足 700円(税込)
シルク糸染めの際に、下に敷いて染めたくつ下です。
計算されていない色味と配色が魅力的です。すべて1点ものになります。

サイズ:22~25cm
素材:絹85% ポリエステル12% ポリウレタン3%

「糸工房もくもく」手染めコットン生地(商品コード:TG110042)

1枚 1,100円
パネル染めの際に、下敷きとして使用した布です。
布一面に広がる色とりどりのグラデーションや濃淡がたいへん綺麗です。すべて1点ものになります。
サイズ(約):200㎝×90㎝

- Line@ -

特別クーポンの発行や新着商品情報などこっそりお届けします!